看護師転職お助け隊


看護師の転職理由に関して

看護師の転職に関しては、給料を引き上げたいという思惑が一番なんですが、それ以外の理由は、年齢・年代や転職の数なんかで、いくぶん差があります。転職あっせん企業の集合型求人サイトに関しては、募集している病院や施設からじゃなくて、とにかく大勢の看護師を会員にしたい看護師転職専門のエージェントサイドから費用等を受け取って展開されているのです。

最近人気の看護師求人サイトとは、国が運営する公共職業安定所とか看護協会とは違うもので、民間の会社組織が立ち上げた看護師限定の就職・転職を専門にした求人掲載や紹介システムのことなんです。定年年齢に達するまで働き続けるなんて人は珍しく、看護師の勤続年数の平均は6年くらいなのです。長く勤続する人が少ない仕事ということになります。金額的には年収も給料も他の仕事より高い状況です。増加し続ける高齢者の影響により、病院やクリニック以外の老人介護施設などで働く機会が増えています。

加えて、04年の労働者派遣法の大幅な変更とかネット利用が簡単になったことなどが、「派遣看護師」という業務を行うを多くしているのです。所属しているキャリア・アドバイザーは、募集担当部署の看護部長の性格とか略歴や趣味まで知っていると言われています。ここまで詳しい情報は、並大抵のことでは外部から手に入れることは不可能であるはずです。肉体労働だし、重責を負う職業であるのに、平均的な男性会社員と対比してみても低い額の給料であるため、労働条件から見て満足できる給料とは違う…そんな風に考えている看護師さんはかなりの人数に上ります。

転職の際に求人サイトを決める際は、一番に運営会社の名前を確認するのが重要です。大企業によるサイトでしたら、求人情報の数もバリエーションも多く、プライバシーの取扱いなども万全です。高齢化社会の到来や医療の特殊化、おまけに在宅治療あるいは在宅看護が必要な患者や家族が増加してきていることが、看護師のニーズが増大してきている要因だと言われます。「転職はよく考えて」と言われるのをしばしば聞きますが、転職してしまってから「望んでいた仕事じゃない」と後悔しないように、転職する前の状況の把握と準備といったものが非常にポイントになるのです。

全体的に見て看護師に関しては、地元で卒業して、地元エリアで就職します。結婚、出産をすれば、看護師が少ない土地で就職するために、「単身赴任」することはまず考えられません。雇用期間が短めの募集もありますし、一週間に1、2度の夜勤専門の仕事を長期間で募集しているもありますので、時給はそれ以外のアルバイトと比べて、高くなっているのが通例です。朝まで続く夜勤が必須なので、変則的な生活、それに加えて身体、精神両面でタフでなければできない仕事。

自分が支払いを受けている給料が少ないと思っている看護師さんがたくさんいるのももっともなことです。特徴的なのは20歳以上30歳未満の女性看護師だけに絞り込むと、過半数となる55%の看護師のみなさんが転職サイトによって新たな勤務先に転職していて、ハローワークであるとか直接応募や縁故によるものよりも、かなり多いというわけです。互いの信頼により付与された当サイトだけの看護師の推薦枠だったり、求人情報やホームページのみでは調べられない募集の裏事情とか求人の実態など、信頼できる調査結果や情報を紹介しています。

© 2015 看護師転職お助け隊